クラビットとアセトアミノフェン

クラビットとアセトアミノフェンの併用について

アセトアミノフェンは熱を下げたり、痛みをやわらげる医薬品です。

クラビットとアセトアミノフェンは同時に服用することができます。

アセトアミノフェンは風邪などの頭痛・発熱・月経痛・腰痛・歯痛などに効果的です。

市販の頭痛薬、生理痛薬、鎮痛薬や風邪薬に幅広く配合されていいます。

アセトアミノフェンは、「非ピリン抗炎症剤」というカテゴリーに分類されます。

有名なアセトアミノフェン製剤としては、アルピニー、ナパ、カロナール、アスペイン、アトアノン、アニルーメ、アンヒバ、ピリナジン、ピレチノール、アセトアミノフェンなどがあります。

『アセトアミノフェン』の使用上の注意点としては、胃を荒らしやすいのが欠点です。

服用する際はたっぷりの水か白湯で飲みましょう。また、アスピリン喘息患者の方はアセトアミノフェンでも喘息を誘発することがあるので注意しましょう。

アセトアミノフェンに代表されるいわゆる「風邪薬」とクラビットに代表される「抗生物質」は良く一緒に処方されます。病院でも風邪薬に抗生物質が併用される事は多いのです。

この場合の抗生物質の役割は、風邪による二次感染を防ぐ目的です。

風邪で免疫力が低下しているところに、細菌による感染が発生してしまうと、普段の免疫力が損なわれているために重篤な症状があらわれてしまうことがあるからです。

ところで、風邪とは不思議なもので、忙しいときにはひかないものです。気がゆるむとなぜか風邪をひいてしまう方も多いです。

実は忙しいときの身体の中では、肉体的、精神的に追い込まれ、集中力が非常に高まっています。

精神的に追い込まれ、集中力が高まることで、自律神経の交感神経が高まっているといわれています。

自律神経とは、意識とは無関係に自律的に働いている神経です。

「交感神経」と「副交感神経」の2つがあります。それぞれ相反する働きをしているのです。

自律神経は外的環境の変化に応じて、絶えず変化し適応しているといわれています。

その交感神経と副交感神経は、血液の循環もつかさどっています。静止状態で交感神経が働くと、手足の末端以外の身体の中心の血液循環が向上します。

副交感神経が働くと身体の末端の血液循環が向上します。そして血液循環が向上すれば免疫力がアップするのです。

身体の中心部の血液循環が高めるためには、集中力を上げて、身体の中心部の体温を上げることが有効なのです。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析