クラビットとアルコール

クラビットとアルコールとの関係

クラビットは細菌を殺菌する医薬品です。感染症は病原体となる微生物が体に侵入して、その作用で体調を崩してしまう症状です。腫れや発赤、痛みや発熱などを生じます。

人に苦痛をもたらすのですが、それは体が細菌を駆逐するために免疫作用を働かせているからでもあります。

病原微生物には、細菌やウイルス、真菌などがあります。

クラビットが有効なのは おもに「細菌」のために発生した感染症です。

グラム陽性菌や陰性菌をはじめ、クラミジアやマイコプラズマ、レジオネラという細菌にも有効に作用します。

病原菌が死滅してくれると、腫れや痛みがとれていき、熱のある場合は熱が下がっていきます。

クラビットは尿路感染症をはじめ、呼吸器感染症、皮膚感染症、また耳鼻科領域の感染症などに広く用いられています。

インフルエンザを含め一般的なウイルス性の「かぜ」には無効なのですが、細菌による二次感染時やその予防のために処方されています。

クラビットを服用した際にアルコールはなるべく控えた方がよいとされています。

薬理学的な相互作用はないのですが、クラビットをはじめとする「薬」もアルコールも、肝臓で代謝されます。

ですから、肝臓に負担をかけないためにも、なるべく一緒には飲まない方が良いのです。

そして、クラビット単体の服用ではなく、その他の鎮痛剤などとも併用していれば、薬理学的な相互作用に注意しなければいけなくなりますので、ここはやはり「薬を飲んだらアルコールは摂らない」という自制をするべきでしょう。

同じ抗生物質の中でも、アルコールと相互作用があるものもあります。

相互作用するといわれているのはセフェム系抗生物質といわれるもので、その中でもごく限られたものになります。

それはノックビン(ジスルフィラム)などの嫌酒薬と類似の立体構造をもつセフェム系抗生物質で、たとえば、セフメタゾン(セフメタゾール)などです。

セフメタゾンなどは、ノックビンと同じように嫌酒薬としても働きます。

このため、セフメタゾン服用時に飲酒すると、悪酔いしてしまいます。

このように、個人でこれらの成分を判別するのはとても難しいですから、服用中のアルコール摂取はさけましょう。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析