クラビットと梅毒

クラビットで梅毒を治療できるのか

梅毒の治療に、クラビットを使用されることはありません。

梅毒には、抗生物質でもペニシリンなどが用いられ、クラビットは抗菌スペクトルが異なります。

クラビットは、クラミジアやレジオネラ、マイコプラズマなどに効き目を発揮します。

逆に梅毒を治すペニシリン系抗生物質を使用しても治せないときに、クラビットが有効なことがあります。

梅毒の治療薬には、ペニシリン系抗生物質のイビアモックス、Amoxil、Unasynなどがあげられます。

梅毒を発症すると、水泡ができたり、発熱や痛みなどの症状が現れます。

原因は、病原体の梅毒トレポネーマから引き起こされます。

梅毒というと感染は性交によるものが知られていますが、胎児感染をしたり、輸血によってかかることもある病気です。

現在では、梅毒を血液感染されることがなくなっています。

梅毒トレポネーマが血液内にあった場合でも、冷凍保存を3日間することによって、死滅することが分かっているからです。

梅毒の一般的な治療方法は、ペニシリンを服用することです。

以前は注射療法もありましたが、服用した場合と効果にあまり差がないことを受け、今では服用により治すことが主流となっています。

ペニシリンは梅毒の第1選択薬剤としての歴史があり、現在においても耐性の報告がないほど、梅毒トレポネーマに対して高い感受性を備えています。

ペニシリンの梅毒治療の効果は、確実なものです。

ペニシリンを服用する必要性は、感染してからの期間によって違いがあります。

感染してからの期間は、第1期から第4期の4通りに区分されています。

第1期は3週間程度、第2期は3ヶ月程度、第4期は10~20年程度です。

第1期にあたる方は、2週~4週間の服用が必要です。

第2期は4週~8週間、第3期以降は8週~12週間ペニシリンを飲み続けます。

梅毒の診断を、血液検査による梅毒血清反応で行うとき、症状がまだ現れていない段階であっても、調べることが可能です。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析