クラビットとカルシウム

クラビットとカルシウムとの関係

クラビットは、「ニューキノロン系」という系統の抗菌剤です。

多くの種類の菌に対して効果を発揮することができます。

感染症の原因には、細菌、ウィルス、カビなどがあります。

クラビットは、この中で、主に「細菌の殺菌」に幅広く利用されています。

クラビットは、尿路感染症、皮膚感染症、耳鼻科領域の感染症、呼吸器感染症等と、汎用的に用いられているのです。

注意したいのは、クラビットはウイルス性の風邪やインフルエンザには効果がないということです。

ですが、それら罹った時には細菌による二次感染やその予防のために利用されることもあります。

そのため混同されやすいのだと思います。

クラビットの具体的な効果としては、細菌のDNA複製を阻害する役割があります。

これにより殺菌的な作用を発揮するのです。

注意したいのは、カルシウム と一緒に摂取した場合,クラビットの吸収が妨げられるということです。

クラビットと牛乳を同時に服用すると、体内でカルシウムとクラビットが結合してしまい、吸収されなくなってしまいます。

クラビットが殺傷することが出来る「細菌」とは、単一の細胞からなります。

大きさが1mmの千分の一ほどなので肉眼では見えません。

倍率が千倍以上の顕微鏡を使えばようやく観察することが出来ます。

人間は約60兆個の細胞で出来ています。そして細菌は人の体内にもたくさん存在しています。腸内細菌ビフィズス菌などです。

一人の人間の体内には100兆個の細菌が存在していると言われています。

そして空気中や水中など我々の生活環境の中にも多種多様な細菌が存在しています。

食中毒や風邪の原因にもなれば、人間のためにも働いてくれているものです。たとえばヨーグルト、納豆、薬剤、酵素などの生産ですね。

このように上手く活用できれば便利な細菌ですが、人間の的となるものはとても厄介です。免疫活動によって人は体調の不良をうったえるものです。

ですから、クラビットなどの抗生物質も上手く活用して、健康な生活を維持したいものですね。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析