クラビットとクラリス

クラビットとクラリスの違いとは

クラリスはマクロライド系の代表的な抗生物質です。

グラム陽性菌によく効くといわれています。

百日咳菌など一部のグラム陰性菌や、嫌気性菌にも有効なようです。

ただ、効き目の悪い耐性菌も日々増えているとされます。

この系統の特徴として、ペニシリン系およびセフェム系抗生物質が効かないマイコプラズマやクラミジアにも有効ということがあげられます。

子供のマイコプラズマ肺炎には、この系統が使われることが多いようです。

クラリスは胃潰瘍の原因菌「ピロリ菌」の除菌療法にも適応します。

クラリスはマクロライド系のうち14員環マクロライドに分類されます。

14員環マクロライドは、マクロライド長期少量投与療法としても効果をあげているといえます。

欠点として、相互作用を起こしやすい性質があります。

つまり、他の薬との飲み合わせには十分な注意が必要だということです。

対してクラビットは、ニューキノロンと呼ばれる抗菌薬です。

旧来の抗菌薬に比べて抗菌力が強く、いろいろな細菌に有効であることが特長です。

病巣への移行がよく、飲み薬では治療の難しかった難治性の感染症にも高い効果を発揮することが出来ます。

副作用も少ないほうで、ペニシリン系やセフェム系抗生物質にアレルギーのある人でも使用可能です。

ペニシリン系など一般的な抗生物質が効きにくい肺炎マイコプラズマや肺炎クラミジに対しても有効性を示します。

このため、従来品のタリビッドから処方が移り、国内でもっとも使用される抗菌薬の一つとなっています。

クラビッドもクラリスも有効な抗生物質とされています。どの場合にどちらを使用するかは、医師の判断にも依存するところが大きいです。

どちらの医薬品も、用法・用量をしっかりとまもって服用すれば、確かな効果が期待できるものになっています。

特に、感染症で辛い症状の方はその軽減につながるでしょう。

ただし、ウイルスに対しては効果がないので、注意が必要です。

正しく使って、有効に作用させましょう。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析