クラビットで蜂窩織炎

クラビットで蜂窩織炎を改善する

蜂窩織炎(ホウカシキエン)は、皮下組織や皮膚に起こる感染症で、細菌感染で発症します。

蜂窩織炎にかかったとき、クラビットなどの治療薬が処方されます。

症状にもよりますが、クラビット1週~2週間分くらい処方されますので、毎日経口服用します。

クラビットを摂取することによって、発赤が静まったり、熱を持っていたのが引いてきたりなど、改善していくでしょう。

蜂窩織炎は、黄色ブドウ球菌や化膿連鎖球菌などが原因で発症します。

皮下脂肪組織から肌の深い層にまでにある、細菌が関わる化膿性炎症です。

皮下脂肪組織へと骨髄炎、細かい傷、汗が出る管、毛穴などの感染症から菌が入り込んで引き起こされます。

発症した部分は広範囲に及んで硬く発赤したり、腫れたり、痛くなったり、熱を持ったりします。

四肢や顔に発症することが多いようです。

熱が生じ、関節痛、頭痛、寒気をともなうケースもあります。

蜂窩織炎の検査は、血液検査によりCRPの数値が上がったり、白血球が増加しているかで判断します。

蜂窩織炎に近い症状に、壊死性筋膜炎という病気があります。

壊死性筋膜炎にかかったときの主な症状は、血圧低下、関節痛、筋肉痛、高熱などです。

蜂窩織炎の診断を受けるのは、皮膚科です。

熱を持って赤くなっている部分は、冷やして安静にします。

抗菌薬の点滴静注や服用が必要なので、蜂窩織炎が疑わしい症状が出たら、早めに医師に診てもらってください。

炎症の状態がひどくなったときは、入院が必要になる病気です。

入院した場合は、安静にベッドで患肢挙上の状態を保ち、点滴投与にてセファゾリンなど原因菌群に応じた抗生物質が用いられます。

患者さんによっては、セフェム系薬剤に治療抵抗性を持っている場合がありますので、そのときはクリンダマイシン、ミノサイクリン、ST合剤を、市中獲得型MRSAのことも考えながら使用されます。

アメリカにおいて、市中獲得型MRSAは死亡者も発生していることから、気をつける必要があります。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析