クラビットとフルモックス

クラビットとフルモックスの違いについて

抗菌剤であるフルモックスとクラビットは、さまざまな病気や歯科などで利用されています。

フルモックスはセフェム系、クラビットはニューキノロン系です。

フルモックスは、多くの種類の細菌を殺菌する効果がありますから、耳鼻科領域や呼吸器を中心として、各科で活用されています。

インフルエンザ菌や大腸菌などのグラム陰性菌、グラム陽性菌に、高い抗菌力をもたらします。

PRSP(耐性肺炎球菌)やBLNAR(耐性インフルエンザ菌)で、別の抗生物質では治療できないケースにも、強力な効き目があります。

インフルエンザウイルスと、細菌のインフルエンザ菌は、全く異なるものです。

フルモックスは高い安全性で、副作用の心配もあまりありません。

同じ抗生物質でも、例えばペニシリン系などと比較した場合、ショックなどのアレルギー症状が生じにくいということです。

肝臓に負担がかからないのは、排泄が腎臓から行われるためです。

アレルギー症状が起きにくいといっても、アレルギーが現れやすい方は、医師に伝えるようにしてください。

薬を服用したとき、湿疹などのアレルギー症状が出た経験がある方は、医師にそのときの薬の名称を伝えましょう。

服用している薬があるという場合も、医師に知らせておくことが必要です。

持病で腎臓病、じんましん、ぜんそくなどがある方も、医師に言ってください。

フルモックスと同じセフェム系抗生物質を以前に試して、じんましんなどのアレルギー症状が現れた経験がある方は、一般的に以降フルモックスが使用されることはないでしょう。

年齢が高い方や腎臓を患っている方は、摂取すると副作用が生じやすいので、飲む時間の間隔を空けたり、用量を調整するなどに工夫が施されます。

フルモックスを服用したときの副作用では、下痢症状が多いようです。

幼いお子さんほど、気をつけてあげてください。

便がやわらかくなる程度でしたら、あまり問題ありません。

このようなことが起きる原因は、抗菌作用の影響で、腸内細菌のバランスが崩れるからです。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析