クラビットとフルメトロン

クラビットとフルメトロンの違いについて

点眼薬の種類に、フルメトロンやクラビットがあります。

クラビットは細菌を殺菌するための目薬で、フルメトロンは目の炎症を抑制する効果があります。

フルメトロンとクラビットとをもし併用したとしても、特に禁忌ではありませんので、問題ないということです。

フルメトロンはステロイドの点眼薬で、強力な効き目で炎症を除去してくれます。

炎症が原因の痛みやかゆみを緩和し、赤みや腫れを抑制できるでしょう。

手術の後に起こる炎症、ブドウ膜炎、角膜炎、結膜炎など、炎症性の目の症状に幅広く利用されています。

視力障害の可能性が高いような重症例や、強力な症状の際に処方されています。

対症療法薬であることから、フルメトロンで病医の原因の治療を行うことは不可能です。

目の表面に長時間とどまるというメリットがあるのは、懸濁液だからです。

おだやかな効き目でステロイドとしての役割を果たし、眼内に流れてしまいにくいことから、副作用の眼圧上昇などを引き起こしにくい薬といわれています。

0.02%のフルメトロンは濃度が低く、よくアレルギー性結膜炎や花粉症に用いられています。

フルメトロンは、3種類から選ぶことができます。

0・1%点眼液は、術後炎症、ブドウ膜炎、虹彩毛様体炎、虹彩炎、上強膜炎、強膜炎、角膜炎、結膜炎、眼瞼炎などの、前眼部および外眼部の炎症性疾患を治療します。

0.05%点眼液は、術後炎症、前眼部ブドウ膜炎、上強膜炎、強膜炎、角膜炎、結膜炎、眼瞼炎の、前眼部および外眼部の炎症性疾患の対症療法に用いられています。

0.02%点眼液は、上強膜炎、強膜炎、角膜炎、結膜炎、眼瞼炎などの、外眼部の炎症性疾患に使われています。

使用方法は種類によって1日あたりに点眼する回数が異なりますし、患者さんの症状や年齢に応じて医師から指示されます。

副作用の心配は、数日程度、濃度の低いステロイドを使用するくらいの場合、まずいらないということです。

長期的に使用する場合は、副作用が出る可能性もありますので、異変が起きたら医師に診てもらいましょう。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析