クラビットと解熱

クラビットと解熱剤の服用について

クラビットはとても強力な抗生物質です。

そして解熱剤と一緒に服用することができます。

げねつざいを用いる発熱とはわかりやすくいえば、体が病気から身を守ろうとがんばっている状態です。

この状態を過ぎて、顔も赤くなり熱さを訴えるようになったら、体を冷やしてあげる必要があります。

処方される解熱剤は、直腸に入れる「座薬」と、口から飲む「経口薬」の2種類があります。

熱が上がりきってしまったら、心地よく過ごせるように環境を整えることも大切です。

病気によっては使えない薬剤などもあります。総合的な経過を正確に医師に伝えることも大切です。

その熱のため「苦しい」「眠れない」「水分が取れない」などの苦痛がある時に解熱剤は用いられます。

認識しておいてほしいのは、解熱剤とは風邪などの症状を治す薬ではなく、熱を下げる薬、熱に伴う苦痛を取り除くための薬だということです。

使う間隔や量も医師の指示に従いましょう。

「使わないで済むなら使わない」が原則と考えておいた方がいいでしょう。

解熱剤を使う熱の目安は一般的に38.5度以上です。

食欲がなくてご飯を食べられない時は無理にコントロールせずに、アイスクリームなど食べられるものを食べてもいいでしょう。

ただし水分の補給は絶やさぬよう意識してください。寒気があり顔も青白い、熱が急に上がっている時は体を温めます。

発熱時は心地よく過ごせる対応が第一です。

そして発熱時は解熱剤を使う前に、まず症状に応じた対応をすることが大切です。

だから熱があっても元気がある時は解熱剤を使う必要はありません。なかなか熱が下がらないからと、間隔をあけずに安易に追加投与するのは禁物です。

そしてクラビットなどの抗生物質は、光熱で体の免疫機能が弱っているときに二次感染防ぐ目的で用います。

抗生物質そのものにはウイルスを退治する作用はないのです。

あくまでも細菌を殺菌するための医薬品となります。

ともあれ、発熱時は免疫が弱っているものです。医師の指示に従って、クラビットを服用するようにしましょう。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析