クラビットで肺炎の治療

クラビットで肺炎の治療について

クラビットは、抗菌薬の中でもニューキノロンという種類です。

従来にも抗生物質はありましたが、抗菌力を比較すると強力なので、さまざまな細菌に効果を発揮します。

病巣に行き届きやすいという特徴があるので、多くの治療に役立てられている薬です。

難治性の感染症の中には、経口投与する薬での治療が困難だったものあるのですが、クラビットの登場によって治療がスムーズになりました。

薬の副作用がクラビットは比較的少ないので、抗生物質のセフェム系やペニシリン系ではアレルギーが出てしまう患者さんにも用いることができます。

レスピラトリーキノロンは、呼吸器感染症の治療に向いているニューキノロン系で、強力な抗菌活性を持つものをさします。

通常のペニシリン系抗生物質などを使用しても効果が現れにくい肺炎マイコプラズマ、肺炎クラミジ、主な呼吸器感染症の原因菌と考えられている肺炎球菌に対しても、広い抗菌スペクトルによって効果を発揮します。

タリビッド(オフロキサシン)が以前は利用されていましたが、現在では移行されて、抗菌薬としては日本で最も役立てられているといえます。

肺炎に関係するクラビットの適応菌種は、マイコプラズマ・ニューモニエ(肺炎マイコプラズマ)、クラミジア・ニューモニエ(肺炎クラミジア)、肺炎球菌などがあります。

クラビットの適応症にも、肺炎が含まれています。

医師からの指示に従って服用することが大切ですが、レジオネラ肺炎の一般的な用法は、レボフロキサシン水和物として1日3回、1回あたり200mgにあたる、細粒2グラムもしくは錠剤2錠を服用します。

患者さんの症状などによって、医師により適切な用量に調整されることもありますので、直接受けた指導を守るようにしましょう。

クラビットはあまり副作用が現れない方ですが、肺炎に関係する副作用で考えられるものとしては間質性肺炎などの肺障害で、発熱や痰、から咳、息苦しさ、息切れが考えられます。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析