クラビットの半減期

クラビットの半減期について

半減期は、ある物質の量が、半量になるまでの期間のことをいいます。

医薬品の代謝に要する時間も、半減期です。

血中半減期などと呼ばれることもあり、血液の中に含まれる成分量の最高が、半分より少なくなる時間のことです。

断薬症状が生じることの多いタイミングが、成体に薬が効果をもたらす時間の目安とされているので、薬の成分量が半減する前に、再び薬を利用する必要があります。

薬を摂取する回数と半減期は、大きく関係するというわけです。

病気によっては、半減期が過ぎて薬の有効成分が半分以下になっているにもかかわらず、服用しないままでいると、患者さんが危険にさらされることも考えられます。

半減期が24時間くらいの薬を例にすると、1日24時間の中で1回飲めばいいことになります。

半減期が8時間くらいの薬では、1日24時間の中で3回服用が必要となりますので、毎食後に飲んでくださいなどと医師から指示されます。

クラビットの一般的な用法によると、どんな病気に処方されるかによって、投与の回数が変わるようです。

患者さんの症状などにより、医師が回数や用量の調整を行うこともあります。

クラビットは、1日2回~3回、1回あたり100mgを服用します。

症状が重いケースでは、1日3回、1回あたり200mgです。

Q熱、野兎病、ペスト、ブルセラ症、炭疽は、1日2回~3回、1回あたり200mgを服用します。

パラチフスや腸チフスは、服用を14日間継続し、1日4回、1回あたり100mgを服用します。

レジオネラ肺炎は、1日3回、1回あたり200mgを服用します。

薬が投与されるときは、このように半減期などさまざまな薬の特徴と患者さんの状態を配慮して、行われているのですね。

医師に適切な処方をしてもらうために、自分でもできることがあります。

もし服用している薬がある場合は、その薬とクラビットとの飲み合わせが悪い可能性もありますので、自分から伝えるようにしましょう。

副作用を回避するために、とても大切なことです。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析