クラビットとヒアレイン

クラビットとヒアレインの同時処方とは

ヒアレインとクラビットは、点眼薬でいっしょに処方されることがあります。

患者さんの症状などによって、医師から指導される1日の点眼回数は異なるでしょうが、ヒアレインもクラビットも4回ずつなどと言われることがあります。

1日4回ずつというだけなら分かりやすいのですが、4時間の間隔を空けてから、次の点眼を行ってくださいなどと指示されるのですが、どういうことなのでしょう。

ヒアレインやクラビットは、異なる点眼薬と併用する際には、間を5分以上開けてからにするようにと決まりがあります。

そのことも踏まえると、まず1剤目から2剤目の間隔を5分以上あけて点眼します。

同じ点眼薬をさす間隔は、4時間空けましょうということです。

例えば、クラビットをさして5分後にヒアレインを点眼、その後3時間55分後にクラビットをさして、また5分後にヒアレインを使用するという具合です。

妊婦さんや、妊娠している可能性がある方は、医師に伝える必要があります。

服用する治療薬とはことなり、成分が全身に行き届く分量はほんのわずかなのですが、利用しない方がいいということです。

妊娠している場合、点眼薬の影響がどの程度か明らかになっていないことから、完璧に安全性が証明されていない以上は、やめておいた方がいいからです。

点眼したときに鼻に成分が伝わっていくと、全身に行き渡る可能性がでてきます。

ヒアレイン点眼液は、主成分の精製ヒアルロン酸ナトリウムを含有しています。

涙を保って、目の乾きを予防する効果があります。

角膜上皮の創傷を行うために、角膜上皮細胞の伸展や接着を促す働きも持っています。

コンタクトレンズ装用や手術後などで目に傷を負っているときや、ドライアイ、シェーグレン症候群を治療することができます。

服用するタイプの薬は、飲み合わせによる副作用などが心配なので、服用中の薬は自分から積極的に医師に伝える方も多いですが、点眼液についてもそれは同じです。

効果を互いに消しあってしまったり、逆に過剰に強化させてしまうことがありますので、医師や薬剤師さんに伝えましょう。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析