クラビットと結核

クラビットの結核に対する有効性

結核とは、結核菌によって体が侵される疾患です。

結核菌は、人から人に感染します。

知っての通り、結核は伝染病です。

結核は、全身性の疾患ですが、約90%以上は肺におこります。

結核=肺結核と捉えても差し支えありません。

結核になって、痰などに結核菌を出している方が咳や、くしゃみをすると、その中に結核菌が潜むことになります。

それを吸い込むことによって、違う人に感染してしまいます。

結核菌を吸いこんで感染をうけても、すべての人が結核を発症するわけではありません。

約90%の人は、結核菌が体の中に入ってきても、体の免疫反応で、白血球によって結核菌を殺したり、結核菌を閉じ込めたりして、体を守ることができます。

ですから、約90%の人は結核菌に感染しても発症しません。

しかし、一部の結核菌は肺のどこかで、眠ったまま生き続けているものです。

この眠ったまま生き続けている結核菌は、死ぬまでそのままの場合もあります。

数年~数十年後にその人の免疫力が低下した時にその結核菌があばれだして、結核を発症することもあるのです。

多くの結核はこのパターンだといわれています。

まれに、結核菌を吸いこんで感染した際に免疫力が低下していると、そのまま結核を発症する場合があります。

これを、1次結核症(初感染)といいます。

現在では、結核はしっかりと治療をすれば治る病気です。

結核に対してはクラビットなどの抗生物質が有効とされています。

初期症状であればそのほうが有効に作用します。

病院などにかかれば、痰に菌がいるかどうかで診察をしてくれますし、疑わしい場合でもクラビットなどを処方してくれます。

結核は昔とは違い治らない病気ではありません。

大切な迅速な診断、効果的な初動治療、そして体の免疫力を高めることです。

結核が恐ろしいといわれていたのは過去の話です。

どうして過去の話になったかというと、クラビットをはじめとする有効な抗生物質が発展してきたからであるともいえます。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析