クラビットの禁忌

クラビットの禁忌について注意事項

とても強力な抗生物質のクラビットですが、禁忌とされる用法もあります。

それは、妊婦または妊娠している可能性のある婦人に対する使用です。

ただ、妊婦または妊娠している可能性のある婦人、そして小児等に対しては、炭疽等の重篤な疾患に限り、治療上の有益性を考慮すれば使用しても構わないとされています。

また、クラビット成分、もしくはオフロキサシンという薬剤に対して過敏症の既往歴のある方の服用も禁忌です。

通常では、一般的な成人に対してクラビット100mg1錠を1日2~3回とされています。

重症であったの、効果が不十分であれば、1回にクラビット200mg(2錠)を1日3回経口投与するようにします。

クラビットは副作用は少ないほうです。もし、発疹がでたり下痢が続くときは、医師に相談したほうがよいでしょう。

そのほか、この系統に特徴的な光線過敏症を起こす可能性がまれにあります。

日光に当たった皮膚が発赤したり、ひどいときは水ぶくれができたりする場合があります。

皮膚の弱い人や長期服用時は、できるだけ直射日光を避けたほうがよいとされています。

重い副作用は頻度的にほとんどありません。特異な副作用として、けいれんとアキレス腱障害の報告がまれにある程度です。

そのほか、横紋筋融解症や低血糖の報告もあるようです。

これらは、きわめてまれな副作用ですが、薬の排泄が遅れがちな高齢の人や腎臓の悪い人などは、念のため注意をしたほうがよいのではないでしょうか。

クラビットは指示された期間、きちんと服用を続けるようにしましょう。

症状によっては、少し長めになる可能性もあります。

自分だけの判断で止めてしまうと、再発したり治りにくくなるおそれがあります。

クラビットはとても強力な抗生物質です。禁忌は少ないとされるものの、使用方法、使用量を適切に守らなければ、重大な事故が起きる恐れもあるのです。

細菌に感染するととても辛い症状が続きます。

クラビットは、有効細菌の種類も多いとても優秀な抗生物質なのです。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析