クラビットと抗生物質

クラビットという抗生物質について

クラビットは抗生物質です。

抗生物質は病気の原因となる菌を殺したり増殖を抑えたりすることで感染症を治療する医薬品です。

感染症の原因はおおよそ3種類に分けられます。細菌による感染症は、抗菌薬。

真菌(カビ)による感染症は抗真菌薬。ウイルスによる感染症には抗ウイルス薬。

抗生物質と一言で言っても、これらの感染症の種類に応じて、作用の仕方が異なるものなのです。

まずは抗菌薬です。クラビットもこれに含まれます。

一言で細菌に対抗する抗菌薬といっても、作用の違いで5種類に分けられてます。

まずは細胞壁合成阻害薬です。

これは細菌の一番外側にある細胞壁を破壊し、細菌を殺す医薬品です。

細胞壁は人体の細胞には存在しないものなので、この薬は人体細胞への毒性が低いのが特徴です。

代表的な薬は、肺炎や中耳炎によく使われるペニシリンなどです。

そしてつぎにタンパク合成阻害薬です。

細菌の生存や分裂に必要なタンパク質を作らせないようにします。

細菌の動きを止める医薬品です。

タンパク質を作る際に使われる「リポゾーム」という成分にくっつくことで、タンパク質が作られるのを阻害します。

人間の細胞も生きていくために細胞内にあるリポゾームでタンパク質を作るのですが、タンパク合成阻害薬は菌に特徴的なリポゾームにくっついて作用するのが特徴です。

タンパク質の合成にかかわるmPNAやtRNAという物質の働きを阻害して、細菌の増殖を抑える作用をもつものもあります。

代表的な薬はアミドグリコシド系、テトラサイクリン系、マクロライド系、クロラムフェニコールです。

そしてDNA合成阻害薬 です。

細菌のDNAが作られるのを阻害して菌を殺す薬です。

殺菌効果と組織への移行性が高く、対象とする菌の種類が広いのが特徴です。

代表的な薬はニューキノロン系です。

クラビットはこれに分類されます。

次に葉酸合成阻害薬です。

DNAの合成などに必要な葉酸という物質が作られるのを阻害する医薬品です。

そして細胞膜透過性障害です。

細胞膜のリン脂質の働きに働いて細胞の外と内との物質交換の機能を阻害し、細菌を殺す医薬品です。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析