クラビットとロキソニン

クラビットとロキソニンの同時服用について

ロキソニンは、熱を下げたり、痛みや腫れ、発赤を引いたり、炎症を鎮静させる効果があります。

ロキソニンはNSAID(非ステロイド抗炎症薬)で、幅広い種類のさまざまな痛みに使用されています。

効果と安全性が高いロキソプロフェンは、一番利用されています。

クラビットとロキソニンを併用すると、痙攣などの副作用を引き起こす可能性があると指摘されています。

しかし、医師によってクラビットとロキソニンの2種類が処方されるときは、問題ないという判断がされているので、副作用を心配しなくてもいいようです。

クラビットとロキソニンは、併用禁忌までではないようです。

ロキソニンは対症療法薬であることから、痛みや熱の引き金の元を治療する薬ではありません。

妊婦さんや妊娠している可能性がある場合、アレルギーやぜんそくのある方は、医師に伝えておくことが大切です。

持病を抱えている方、肝臓・腎臓・胃腸が悪い方も、医師に知らせておくことが重要です。

ロキソニンを処方することによって、症状がひどくなる病気もあるためです。

ロキソニンは、別の薬との併用に気を配らなくてはいけません。

医師の処方箋で購入した薬だけでなく、ドラッグストアや薬局で手に入れた市販薬であっても同じことです。

相互作用を発症させそうな薬は、チアジド系利尿薬、糖尿病の治療薬、キノロン系抗菌薬、気分安定薬のリーマス(リチウム)、リウマチのときに処方されるリウマトレックス(メトトレキサート)、抗凝血薬のワルファリンなど、たくさんあります。

ロキソニンを飲んでいる期間は、あまりアルコールを摂取しないように心がけましょう。

アルコールをたくさん飲んでしまうと、副作用で肝臓や胃を悪くすることが考えられるためです。

ロキソニンを服用するタイミングは食事の直後で、コップ1杯の多めの水と一緒に飲むことです。

食事がとれないときには、胃への負担を軽減させるために、牛乳を飲むか、軽食後に服用しましょう。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析