クラビットとメイアクト

クラビットとメイアクトの効果の違いとは

クラビットやメイアクトは細菌を殺菌する効果があるので、主に感染症に使用される薬です。

クラビットもメイアクトも、細菌によって引き起こされるさまざまな病気に効き目があります。

抗生物質は複数種類の系統に分かれており、クラビットはニューキノロン系、メイアクトはセフェム系という違いがあります。

メイアクトが特に高い抗菌力を持つのは、グラム陰性菌のインフルエンザ菌や大腸菌、グラム陽性菌などです。

ちなみにインフルエンザウイルスと、インフルエンザ菌という細菌は、全く異なるものです。

別の抗生物質を用いても効果が現れないBLNAR(耐性インフルエンザ菌)やPRSP(耐性肺炎球菌)にも、メイアクトは有効です。

メイアクトを用いても効果が出ないものに、緑膿菌があります。

メイアクトは比較的副作用が現れないということから、抗生物質の種類の中でも安心して使用できます。

ペニシリン系抗生物質と比較しても、メイアクトはショックなどといったアレルギー症状が起きにくいといわれています。

乳幼児の患者さんには、メイアクトがピボキシル基を持つことから、低カルニチン血症を発症することも考えられますので、細粒剤が選ばれます。

摂取する期間が長引くときは、一応低カルニチン血症に気をつけた方がいいでしょう。

メイアクトが効果を発揮するのは、細菌が原因で引き起こされる感染症です。

人体に病原微生物が入り込んで、悪い働きをしたときに、感染症となります。

感染症を発症すると、発熱や痛み、発赤、腫れなどの症状が現れます。

カビ(真菌)、ウイルス、細菌などが病原微生物に入りますが、メイアクトは細菌が原因の感染症に効く薬です。

メイアクトを用いることによって病原菌が死滅させれば、熱が下がったり、痛みや腫れが引いていきます。

ウイルス性の通常の風邪や、インフルエンザには効果がありませんが、発熱やのどの痛みがある風邪に処方されることはあります。

細菌が招く二次感染の治療や、事前に防ぎたいという目的で、使用される場合もあります。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析