クラビットの目薬

クラビットの目薬の効果とは

クラビットには、目薬の製品も販売されています。

クラビット点眼液です。

細菌が原因で発症する目の病気に処方され、目薬をさすことにより、細菌を殺菌することができます。

症状によって医師に加減されますが、クラビットの目薬の一般的な使い方は、1日に3回点眼をします。

1回の使用につき、1滴です。

目の中で細菌が増加した場合、炎症を発症して、痛みや充血などの症状を引き起こします。

抗菌薬であるクラビットの目薬をさすことにより、細菌の撃退が可能です。

目の痛みや充血は、細菌が死滅することによって治りますし、炎症を起こしていたところも治まっていくでしょう。

クラビットの目薬は幅広い症状に利用されており、角膜炎、眼瞼炎、ものもらい(麦粒腫)、細菌感染が原因の結膜炎などに効果的です。

クラビットの目薬というと、従来は0.5%製剤でしたが、新しく1.5%製剤が登場し、3倍もの濃度で優れた効き目を持っています。

高い濃度を実現していることで、組織内移行性がすばらしく、確かな働きを発揮してくれそうです。

耐性菌の出現を抑制させられるとも予想されます。

タリビッド(オフロキサシン)に比べて、高い抗菌力があります。

房水内最高濃度が高いことから、スムーズに眼組織の内部に入り込みます。

ニューキノロン系抗菌点眼薬の中でも代表的な製品で、強力な抗菌活性とさまざまな抗菌スペクトルを備え、各種細菌性外眼部感染症に活用されています。

クラビットの目薬の適応症は、眼科周術期の無菌化療法、角膜潰瘍を含む角膜炎、瞼板腺炎、角膜炎、麦粒腫、涙嚢炎、眼瞼炎です。

副作用が発生することはほぼないのですが、もし痛みや充血が現れ悪化した場合は、早めに医師に診てもらいましょう。

重度の副作用が起こることは、まずないのですが、考えられるものとしては血圧低下、めまい、息苦しい、目の前が暗くなって意識が薄くなる、喉や顔の腫れ、全身発赤、じんましん、手足のしびれや冷え、顔面蒼白、気持ちが悪くなるなどの症状があげられます。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析