クラビットとミノマイシン

クラビットとミノマイシンの違いについて

ミノマイシンとクラビットに共通していえることとして、感染症やニキビの治療に処方されるというところでしょう。

ニキビのアクネ菌に直接効果がある抗生物質はないということで、ミノマイシンやクラビットなどを試していき、その方にあったものを見極めていきます。

抗生物質といっても、ミノマイシンはテトラサイクリン系、クラビットはニューキノロン系と異なります。

系統が異なれば、殺菌が可能な菌の種類も、違うからです。

ミノマイシンはさまざまな種類の細菌に効き目を発揮しますから、幅広く各科で処方されている薬です。

ミノマイシンは殺菌的または静菌的に使用し、細菌のたんぱく質が合成しないよう阻止して、増殖を抑制する働きを持っています。

皮膚科でニキビ菌に用いられる以外にも、性行為感染症のクラミジア症や、慢性気管支炎などがあげられます。

感染症の他に、リウマチの患者さんに応用される場合もあります。

ミノマイシンのテトラサイクリン系は、セフェム系やペニシリン系の抗菌薬を試しても効果が現れないリケッチア、クラミジア、マイコプラズマに効き目を発揮します。

同じテトラサイクリン系の種類でも、ミノマイシンは高い抗菌力を備えており、なおかつ他より耐性菌が少ないといわれています。

テトラサイクリン系で効果が現れにくい大腸菌、レンサ球菌、耐性ブドウ球菌にも、ミノマイシンは一定の効き目があるということです。

他の同系統と抗菌力を比較すると、1倍から4倍あります。

リウマチに使用されるのは、正式な適応症とされていませんが、別の抗リウマチ薬を使用したときに、肺障害の副作用が現れる可能性がある場合など選ばれています。

腎臓病や肝臓病の患者さんは、慎重に利用する必要があります。

年齢が高い方は副作用が心配ですから、服用する間隔を空けたり、用量を加減することが大切です。

ミノマイシンは、併用に注意が必要な薬が多くあります。

服用中の薬があれば、市販薬も医師に伝えておいてください。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析