クラビットの飲み合わせ

クラビットの飲み合わせの注意点

クラビットは、細菌のDNA(遺伝情報物質)が複製されないように阻止することで、殺菌をする効果を持っています。

多くの病気の治療に役立てられているのですが、飲み合わせに注意すべきことがあります。

マグネシウムやアルミニウム分を含有する制酸剤(胃腸薬)と飲み合わせた場合、クラビットの効果が弱くなる可能性が考えられます。

服用するときは、間隔を少なくとも2時間あけることによって、摂取することが可能です。

フロベン(フルルビプロフェン)などの鎮痛薬の一部は、クラビットと飲み合わせると、けいれんを発症するケースがありますので、注意が必要です。

他にも、ワルファリン、鉄剤、NSAID(鎮痛薬)との飲み合わせに、気をつけてください。

診察を受けるとき、すでに飲んでいる薬があれば、医師に伝えることが大切です。

飲み合わせが悪い薬を選ばないように、処方してもらえます。

妊娠している女性、アレルギーや持病がある方も、医師に伝えておきましょう。

妊婦さんや幼いお子さんには、通常クラビットが処方されることはありません。

年齢が高い方や、腎臓病と診断されている方は、クラビットを利用することで副作用が現れやすいものです。

薬を摂取する間隔や用量について、医師からの指導を守るようにしてください。

臓器移植を受けた経験がある方、ステロイド薬を飲んでいる方、年齢が60歳以上の方は、副作用のアキレス腱障害を発症しやすいという傾向がみられます。

重度の心臓病の方、重症筋無力症、てんかんなどのけいれん性の病気を持っている方は、クラビットを使用することによって症状がひどくならないよう、扱いは慎重に行うことが求められます。

飲み合わせの心配などは、あらかじめ医師に相談しておけば、正しい指導を受けられますので安心してください。

定められた期間は、自己判断で服用を中断しないようにしましょう。

服用が長期化するケースが少なくない薬ですが、医師の判断なしに途中でやめてしまうことによって、病状が再発する可能性があります。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析