クラビットとレボフロキサシン

クラビットのレボフロキサシンとしての用法

クラビットの用法は、一般的にどのようなものでしょう。

成人の方であれば、一般的にレボフロキサシン水和物として、1日2回~3回、細粒1グラムか1錠、1回あたり100mg経口摂取します。

用量は、感染症の症状や種類によって、必要に応じ医師が調整してくれます。

経過をみて効果が足りなかったり、重症なときには、クラビットをレボフロキサシン水和物として1日3回、細粒2グラムか錠剤2錠、1回あたり200mg経口摂取します。

野兎病、ブルセラ症、Q熱、ペスト、炭疽の患者さんには、レボフロキサシン水和物として、1日2回~3回、細粒2グラムか錠剤2錠、1回あたり200mg経口摂取します。

パラチフスや腸チフスには、レボフロキサシン水和物として1日4回、細粒1グラムか錠剤1錠、1回あたり100mg経口摂取します。

服用する期間が、あらかじめ14日間と決まっています。

レジオネラ肺炎と診断されたケースの用法は、レボフロキサシン水和物としてクラビットを1日3回、細粒2グラムか錠剤2錠、1回あたり200mg経口摂取します。

クラビットを服用しても、あまり副作用は出ません。

下痢や発疹などの症状が継続したときは、医師に診てもらってください。

光線過敏症になることがあり、自然光にあたったとき、肌が赤くなったり、悪化すると水ぶくれになってしまうケースもあります。

クラビットを長期的に投与されている方や、元から肌が弱い方は、飲んでいる期間中にあまり直射日光にあたらないよう、防ぐようにすると安心です。

めったにない副作用に、アキレス腱障害やけいれんがあげられます。

低血糖や横紋筋融解症を発症したという方も、中にはいるということです。

腎臓がよくない方や年齢が高い方などといった、薬の排泄がゆっくりになりやすい方は、気をつけた方がいいでしょう。

基本的に安全性の高い薬として、多くの病気に活用されています。

しかし、副作用のようなものが現れたり、心配なことがあれば、医師に相談するようにしてください。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析