クラビットとリンデロン

クラビットとリンデロンの併用について

病院で処方箋をもらうとき、クラビットやリンデロンなど複数種類の薬のときがあります。

クラビットは経口服用するタイプや、点眼液があります。

リンデロンは塗るタイプの外用薬や、点眼液があります。

眼科を受診したときに、クラビットとリンデロンを処方されるなど、併用することもある薬です。

クラビットは抗菌薬で、リンデロンは皮膚のかゆみや赤みを治すステロイド外用薬です。

皮膚炎や湿疹を発症したときに、処方されるでしょう。

一般的な使い方は、適量を1日に1回~数回塗ります。

状態によって用量など加減するよう、医師から正しい指導がありますから従ってください。

リンデロンはステロイド外用薬の中でも、代表的といわれている製品です。

ステロイド外用薬の強さは5段階にわけられており、リンデロンは3群に該当します。

1群が一番強く、5群が弱いという中で、3群は適度な強力さがあります。

効果が適度なので、幅広い皮膚の症状に利用されています。

リンデロンが適しているのは、細菌感染をともなうケースと、その可能性がある場合の皮膚炎や湿疹の治療です。

ゲンタマイシンという、細菌を抑制する抗生物質と、ベタメタゾンという炎症除去効果のステロイドが含有されています。

炎症を除去する高い効果がステロイドにはあります。

しかし、効き目が強力であるということは、免疫力を低下させ、細菌感染を起こしやすい環境を招いてしまいます。

ゲンタマイシンという抗生物質を含むことによって、このような環境の細菌感染防止に役立っています。

アレルギーや持病がある方は、病院で伝えてください。

状態に合わせて、細かい調整を行うことが大切なので、なんとなく利用を続けることがないよう、医師の指示を受けて従いましょう。

皮膚感染症の原因がカビ(真菌)やウイルスの場合は、基本的に使用されません。

皮膚潰瘍や重度のやけどには、適していない薬です。

使用してしまうと、逆に悪化させることにつながります。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析