クラビットと緑膿菌

クラビットで緑膿菌を治療する

クラビットには細菌を殺菌する効果がありますので、細菌から引き起こされるさまざまな種類の病気に利用されています。

緑膿菌(リョクノウキン)の治療にも、クラビットが利用されることがあります。

緑膿菌は、通常どこにでも存在する細菌です。

健康な方であっても、緑膿菌を持っているのが当たり前という常在菌です。

本人の抵抗力が十分にあれば、緑膿菌があっても症状が現れることはありません。

一般的な感染症とは違い、急性期や潜伏期はなく、急性感染症を発症することもありません。

全身感染するとは限らず、粘膜や皮膚などの局所的に抵抗力が落ちていた場合、その部分のみ緑膿菌に感染するケースがあります。

日常の薬剤感受性検査によって、多剤耐性緑膿菌が検出したときが、特に問題となります。

フルオロキノロン系薬であるクラビット(レボフルキサシン)、シプロキサシン(シプロフロキサシン)は、ニューキノロン系抗生物質、通常の緑膿菌感染症に効き目を発揮すると考えられています。

アミノ配糖体系薬であるアミカシンなどは、アミノグルコシド系抗生物質の一部であるトブラシンやアミカシンなど、通常の緑膿菌感染症に効き目があるといわれています。

抗緑膿菌用広域ベータラクタム薬(カルバペネムを含む)は、第三世代のセフェム系抗生物質の一部であるメロペン、カルペニン、チエナムなど、通常の緑膿菌感染症に効果的です。

クラビットが適応する菌種は、緑膿菌以外にも多くあります。

インフルエンザ菌、コレラ菌、ペスト菌、プロビデンシア属、モルガネラ・モルガニー、プロテウス菌、セラチア属、エンテロバクター属、クレブシエラ属、シトロバクター属、パラチフス菌、チフス菌、サルモネラ属、赤痢菌、大腸菌、炭疽菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、淋菌、腸球菌属、肺炎球菌、レンサ球菌属、ブドウ球菌属、ブルセラ属、レジオネラ属、アシネトバクター属、野兎病菌、カンピロバクター属など、まだたくさんあります。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析