クラビットとステロイド

クラビットとステロイドの影響について

クラビットの点眼液とステロイドの点眼液は同時に処方される場合もあります。

ステロイドと聞くと悪いイメージが日本人には植え付けられているのですが、副作用などが多いのは注射・内服のステロイドとなります。

ちなみにクラビットとステロイドの2種類を続けて使うときは、クラビット→ステロイドの順番で使いましょう。

クラビットの点眼薬は懸濁液なので目やにが出る事がありますが、よく振って使えば問題ないです。

処方されるステロイドの点眼は、抗炎症作用があります。

クラビットは抗菌作用の点眼です。

点眼・塗布・吸入などのステロイドは局所作用がほとんどです。医師より指示された使い方を守れば全身作用や副作用はほぼありません。

ステロイドは普通の状態でも常に体内で作られていて、体に対するいろいろなストレスに対処するなど生きていく上でとても重要な働きがあります。

そのため、副腎皮質ホルモンとも呼ばれています。

腎臓の上部にある副腎という臓器の外側の部分、皮質といわれるところで作られるホルモンです。

その作用として炎症を鎮める、免疫を抑制するといったのものがあります。

効果が高いのが特徴です。

ステロイド剤のほとんどは1錠が1日の体内分泌量と同じ量になるように作られています。

専門的な用いられる効果時間とは、ステロイド剤が血液中に有効に残留している時間です。

それは「力価」といってそれぞれにステロイドとしての強さ(効力)が違います。

ステロイド剤にも、種類があり、効果の持続時間に長短があります。

一般的に効果時間が長いものは副作用も出やすいと言われていますが、どの薬を使用するかの選択は副作用だけでなく、個々の症状によって決定されるのはいうまでもありません。

場合によっては症状が落着いた状況で少量を非常に長期間飲み続けるとういう形をとることも少なくないのです。

その状態で急に服用を止めると体内のステロイドが不足してしまい危険な状態になるからです。

ステロイド剤の減量は使用した期間が長ければ長いほど慎重に行われます。

ステロイド剤を長期間服用していると、体内でステロイドを作っていた機能(副腎機能)が働く必要がなくなって低下してくるためです。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析