クラビットとタリビット

クラビットとタリビットの違いとは

タリビットはニューキノロンと呼ばれる抗菌薬です。

抗菌力が強く、いろいろな細菌に有効とされています。

病巣への移行速度がよいのも特徴で、とても幅広く利用されてきました。

飲み薬では治療の難しかった難治性の感染症にもよい効果を示すとされています。副作用も少なく、この系統は比較的アレルギーを起こすことが少ないです。

ペニシリン系やセフェム系などの抗生物質にアレルギーのある人も服用することができます。

適応筋腫は、ブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、らい菌、大腸菌、赤痢菌、チフス菌、パラチフス菌、シトロバクター属、肺炎桿菌、エンテロバクター属、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー属、プロビデンシア属、インフルエンザ菌、緑膿菌、アシネトバクター属、カンピロバクター属、ペプトストレプトコッカス属、トラコーマクラミジアなどです。

一方、クラビットは、タリビットの約二倍の薬効があるとされています。

ブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、モラクセラ・カタラーリス、炭疽菌、大腸菌、赤痢菌、サルモネラ属、チフス菌、パラチフス菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、ペスト菌、コレラ菌、インフルエンザ菌、緑膿菌、アシネトバクター属、レジオネラ属、ブルセラ属、野兎病菌、カンピロバクター属、ペプトストレプトコッカス属、アクネ菌、Q熱リケッチア、トラコーマクラミジア、肺炎クラミジア、肺炎マイコプラズマに効力があるとされ、タリビットよりも幅広い細菌に使用することができます。

クラビットも副作用は少ないとされています。もし、発疹がでたり下痢が続くときは、早めに受診する必要があります。

そのほか、この系統に特徴的な光線過敏症を起こす可能性もあるとされています。

日光に当たった皮膚が発赤したり、ひどいときは水ぶくれができたりすることもまれにあるようです。

皮膚の弱い人や長期服用時は、できるだけ直射日光を避けたほうがよいでしょう。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析