クラビットとバルトレックス

クラビットとバルトレックスの併用について

バルトレックスとクラビットは、あまり併用しない方がいいようです。

禁忌というわけではありませんので、バルトレックスとクラビットをいっしょに処方される場合もあるようです。

クラビットは感染症などに処方される抗生物質で、バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を抑制する薬です。

バルトレックスは、水ぼうそう(水痘)、性器ヘルペス再発の抑制、帯状疱疹、単純疱疹を治します。

バルトレックスとの飲み合わせがよくない薬を併用すると、副作用を発症することがあります。

喘息の薬のテオドール(テオフィリン)、免疫抑制薬のセルセプト(モフェチル)、胃薬のタガメット(シメチジン)、痛風の薬のベネシッド(プロベネシド)などは、飲み合わせに気をつけてください。

細菌とウイルスは同じもののように解釈している方も多いようですが、全く異なる微生物です。

細菌よりもウイルスの方が小さく、別の生物の細胞内で増殖を行っています。 粘膜や肌に水ぶくれを生じさせるのが、ヘルペスウイルスという種類です。 ヘルペスウイルスの中でも代表的なのは、水痘・帯状疱疹ウイルスと単純ヘルペスウイルスです。 粘膜や肌でウイルスが暴れることによって、赤くなったり痛くなったり、水ぶくれになるのが、帯状疱疹や単純疱疹です。

バルトレックスを使用することによって、こうしたヘルペスウイルスに抗ウイルス薬としての効果を発揮します。

これらの種類のウイルスによって生じた、水ぼうそう(水痘)、性器ヘルペス、帯状疱疹、単純疱疹のヘルペスウイルスが増殖しないようにする効果があります。

ウイルスが増えないようにすることで、治療することから、まだ増えていない段階の初期に使用するほど、症状を簡単に治せます。

バルトレックスは、年齢が高い方や腎臓がよくない方は、服用する間隔を空けるなどしてください。

薬の排泄をする時間がかかる傾向があるためなので、ある程度の時間を空けることにより、そのような問題も解決されます。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析