クラビットとボルタレン

クラビットとボルタレンの併用は可能かどうか

ボルタレンとクラビットは、併用しない方がいいといわれています。

しかし、ボルタレンもクラビットも効果が高いため、この2種類がいっしょに処方されることも少なくありません。

専門的な知識がある医師でも、ボルタレンとクラビットの飲み合わせについて承知していながら、高い効果を望んで併用することもあるということです。

けいれんなどの副作用があるので、自分では利用しても、患者さんに処方することはないという意見もあります。

ボルタレンという薬は、熱を下げたり、痛みや腫れを緩和する効果があります。

炎症を鎮静化させたり、発赤などの症状も抑制するということです。

これらの症状が改善されるからといって、対症療法薬ということから、原因を治療できるというわけではありません。

ボルタレンは、医師に処方してもらった薬も市販薬も、飲み合わせに気をつけることが大切です。

特に併用禁忌とされているのは、トリテレン(トリアムテレン)という利尿薬です。

相互作用の発症が考えられる薬が、たくさんあります。

抗リウマチ薬のリウマトレックス(メトトレキサート)、抗うつ薬のSSRI、キノロン計抗菌薬、気分安定薬のリーマス(リチウム)、抗凝血薬のワルファリン、抗真菌薬のブイフェンド(ボリコナゾール)があげられます。

他にも、免疫抑制薬、強心薬、降圧薬、利尿薬なども、飲み合わせに配慮が必要です。

病院で診断を受けるときには、服用している薬を医師に必ず伝えてください。

ボルタレンを処方されている期間は、あまりアルコールを摂取しないようにしましょう。

アルコールを大量に飲み過ぎると、肝臓や胃に副作用を発症しやすいことがわかっているためです。

副作用として特に多いのが、胃腸症状です。

あまり悪化することはありませんが、消化性潰瘍や胃潰瘍などにも、気をつけるようにしてください。

利用が長期化する場合や、年齢が高い方は、特に注意しましょう。

ぜんそくやアレルギー体質という方は、ぜんそく発作や発疹に気をつけてください。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析