クラビット溶連菌

クラビットで溶連菌の治療をする場合

クラビットは、溶連菌感染症と診断されたときなどの治療に役立てられています。

溶連菌感染症では、7日分のクラビットを処方されます。

クラビットなどの抗生物質を、医師の指導を守って服用し続ければ、溶連菌の菌は死滅するということです。

A群β-溶血性連鎖球菌が、溶連菌の正式名称です。

肌からの接触感染や飛沫感染が、感染ルートです。

溶連菌感染は、とびひと、扁桃腺炎や咽頭炎の、大きく分けて主に2種類があります。

扁桃腺炎や咽頭炎の溶連菌感染は、2日~5日の潜伏期があります。

成人になってから発症することはあまりなく、多いのは5歳~10歳くらい、一般的には2歳~10歳くらいといわれています。

溶連菌感染症を発症しやすいシーズンがあり、特に多発するのは12月~3月、逆に少ないのは7月~9月です。

溶連菌感染症は、どのような診察を受けて分かるのでしょう。

血液検査の結果で、炎症の数字であるCRPが高くなったり、白血球が増加するなどは、他の細菌感染と同様です。

A群溶血性連鎖球菌迅速判断キットは、のどの菌を綿棒で採取して調べるというものです。

結果が分かるまで、数分程度です。

このキットを使用する前に、もし抗菌薬を服用していたら、結果が正しく出ない可能性があります。

この検査方法では、溶連菌感染症についてしか調べることができません。

咽頭培養検査も、やり方はA群溶血性連鎖球菌迅速判断キットと同じです。

違うところは、溶連菌以外の細菌についても、検査できるというところです。

結果が出るまでに、こちらの場合は数日かかります。

咽頭培養検査の前もあらかじめ抗菌薬を飲んでしまうと、正しい結果がわからなくなってしまいます。

溶連菌感染症にかかった場合の症状は、種類によって違いがあります。

扁桃腺炎や咽頭炎は、のどが発赤や痛み、発熱などです。

点状出血班や口蓋の点状紅班は、口の中に小さくて赤い出血班が点状に現れます。

イチゴ舌は、いちごの表面のような舌になります。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析