クラビット前立腺

クラビットで前立腺炎症を治療する

前立腺炎とは、文字のごとく前立腺の炎症です。

前立腺肥大や前立腺癌と違って、10代後半から、あらゆる年代層に起きます。

細菌の種類も違うようで、急性前立腺炎は大腸菌が多く、慢性前立腺炎はクラミジアや弱毒性の細菌が多いようです。

前立腺炎には急性前立腺炎と慢性前立腺炎の2つがあるのですが、全く症状が違います。

原因はハッキリしないことが多いです。

慢性前立腺炎は急性前立腺炎から移行するというよりは、尿道炎や精巣上体炎の放置および不完全な治療が原因になっているようです。

前立腺は男性のみある臓器で、膀胱より末梢側、つまり足側にあるクルミ大の臓器で中に尿道が通っています。

前立腺炎の自覚症状としては、風邪の症状が無いのに熱が出て、会陰部がおかしいという感覚が発生します。

治療は抗生物質の飲み薬では弱い場合もあります。

点滴をした方が早く確実に治るケースも多いです。

急性前立腺炎の症状は、急に発症する高度な発熱、頻尿や排尿痛などの排尿症状、時には尿が出なくなってしまうこともあるので、注意したいものです。

前立腺炎は症状が激烈なのですが、一週間ほどで治ります。

また、直腸診をすると、ぶよぶよした圧痛を伴う前立腺を触ることができます。

検査は、尿検査で尿中に白血球が沢山見られることで判明します。

慢性前立腺炎の場合の症状は、かなり広範囲にわたります。

代表的なものとしては会陰部痛、もしくは違和感、残尿感、排尿違和感、などです。

前立腺炎の治療の中心は抗生物質の長期投与になります。

処方される抗生物質の代表がクラビットです。

クラミジアに感受性があり、殺菌できる菌の種類も幅広いからです。

前立腺炎の場合はクラビットを2~3ヶ月使うことが多いようです。

それでも改善しない場合は、毛色の違う抗生物質に変えることもあります。

クラビットはとても強力な攻勢物質ですが、すべての細菌に有効というわけではありません。

ですから、なんでもクラビットを処方すれば治るというわけでもないのです。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析