クラビットと喘息

クラビットが喘息の治療で使われるとき

喘息は、ヒューヒューゼーゼーと笛が鳴るような呼吸音が特徴です。

夜中や明け方に咳こみがあります。発作的に喘鳴が出現し、息苦しさを感じたりします。

日中はなんともないことが多く、主に夜や早朝に発作が起きることが多いです。

このような喘息発作がくり返し起こってくる病気、それが気管支喘息です。

ただし、心臓の疾患が原因で起こる心臓喘息、小児での喘息様気管支炎、高齢者に起こる肺気腫、慢性気管支炎などの原因で、気管支がヒューヒューゼーゼーいう場合とは区別されますので注意しましょう。

また、発作がなく、咳だけが出る喘息を咳喘息といいます。

気管支喘息の治療は主に気道の炎症を抑える日常的な予防と発作時の治療の二つに大別されています。

吸入副腎皮質ステロイド薬を使用して、長期的に症状をおこしにくくすることが治療の主な目的となっています。

副腎皮質ステロイド薬は血液に吸収されれば副作用をおこすことがありますが、うがいをきちんとして口に残った副腎皮質ステロイド薬を洗い流せば、気管支喘息での吸入療法では、内服薬や注射薬による場合のような心配はいらないとされています。

また、気管支拡張薬、抗アレルギー薬なども、有効性は十分確立されていると考えられています。

これらの薬を組み合わせながら、症状の重症度に応じて治療が行われていきます。

時には細菌の感染を防ぐために、クラビットをはじめとする抗生物質か投与されることもあります。

抗生物質は細菌を殺菌する医薬品ですから、喘息の症状とは直接関係がないものの、炎症を起こしている部位への細菌の感染を予防することができます。

喘息の原因は様々ですから、特効薬があるとはいえませんが、継続的な治療とそれぞれのケースに適切な医薬品の投与でその症状は緩和することができます。

抗生物質の投与もその一環です。

抗生物質だけでは喘息は治ることはありません。

あくまでも二次感染を防ぐため、さらなる炎症を起こさないために投与されるものだと認識しておくようにしましょう。



商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析